MENU

副業の確定申告の基礎知識

副業の確定申告の基礎知識

副業で得た利益は所得に当たるため、稼いだ額に応じて税金を支払わなくてはいけません。会社に勤めているだけの場合は会社で全て税金の手続きをしてもらえますが、副業をしていると確定申告といって自分で収入を申告しなくてはいけません。しかし、確定申告のやり方をよく知らないという方も多いでしょう。そこで副業をしている人の確定申告について知っておくべきことや方法について詳しくまとめました。

確定申告とは?

そもそも確定申告とはどういったものなのでしょうか?確定申告とは所得にかかる税金を計算し、支払うための手続きをすることです。確定申告は毎年2月末から3月中頃まで行われます。住んでいる地域の税務署に行くのが一般的ですが、最近はネットからでも手続きが出来るようになりました。確定申告の時期の税務署はかなり混むので自分で出来る方はネットからするのがおすすめです。

確定申告が必要な人とは?

少しでも副業での収入があれば確定申告が必要な訳ではなく、確定申告にはある基準が設けられているので、該当する場合のみ税金を支払う必要があります。

会社に勤めていて副業をしている場合、所得が年間20万円以下なら確定申告をする必要はありません。ここでは収入ではなく「所得」が基準となっている点に注意しましょう。所得とは収入金額から必要経費を差し引いたものです。つまり、収入が20万円を超えている場合でも必要経費を差し引いたら20万円以下に収まる場合は申告の必要がありません。

確定申告における必要経費とは?

では必要経費とは具体的にどのようなものなのでしょうか?必要経費とは収入を得るために必要な出費のことです。例えばライティングの副業をしている場合、作業をするパソコンや仕事に使う文房具の購入費を必要経費とすることができます。これらの経費は税務調査があったときに証拠として必要になるので、領収書などはしっかり保存しておくようにしましょう。

副業の所得の種類とは?

確定申告をする際には所得を内容別に10種類に分けなくてはいけません。事業所得、不動産所得、利子所得、配当所得、給与所得、雑所得、譲渡所得、一時所得、山林所得、退職所得と分かれており、個人事業をしていない場合は副業のほとんどは雑所得に分類されますが、以下のような例外もあります。

給与所得アルバイト
不動産所得家賃収入
譲渡所得・配当所得株式投資

確定申告をしなかった場合はどうなる?

開業届を出していない場合、副業で利益を得ていても申告しなければバレないのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、申告すべき所得を申告しなかった場合はペナルティがあります。

ペナルティにはいくつか種類があります。まずは無申告加算税です。納付すべき税額が50万以下なら15%、それ以上なら20%も税額が加算されます。もし申告しなかった状況が悪質だった場合は最大40%の重加算税が課されることもあります。

ペナルティを受けると本来の支払額に比べてかなり多い額を支払わなくてはいけませんから、確定申告が必要な場合は必ず手続きをしましょう。

確定申告に必要な書類は?

確定申告に必要な主な書類は源泉徴収票と控除証明書です。確定申告では会社でもらった給料の申告もしなくてはいけないので、発行された源泉徴収票は大事に保管しておきましょう。

控除証明書は医療費の領収書や生命保険の控除証明書などです。こちらも年末ごろになるとそれぞれ発行されますから、確定申告までとっておきましょう。

確定申告の手順は?

最後に確定申告での手続きの手順を簡単に流れに沿って説明しましょう。申告は税務署とネットの2通りありますが、ここではネットでの手続きをご説明します。

国税庁のホームページから手続きをする

ネットでの確定申告は国税庁の「確定申告書等作成コーナー」というページからできます。「作成開始」ボタンを押して始めましょう。続いて税務署への提出方法を「e-taxで提出する」か「印刷して書面提出する」から選択します。その後、所得税や給与などを指示に従って入力していきます。

納付額の確認

全ての必要事項の入力が終わると最後に「計算結果確認」で納付額が表示されます。税金は口座からの引き落としやクレジットカードでの支払いなどが選べます。

確定申告表を提出する

最後に手続き時に選択した提出方法で確定申告表を税務署に提出しましょう。確定申告はこれで一旦終わりですが、修正や問い合わせがあれば後日確認が入ることもあります。税務署から連絡があった場合は随時対応しましょう。

まとめ

副業をしている人は所得金額が20万円よりも多い場合は確定申告が必要です。収入ではなく、あくまで収入から必要経費を引いた所得が基準になっている点に注意しましょう。源泉徴収票、控除証明書、必要経費の領収書などがなければ確定申告ができないので、これらの書類は受け取ったら必ず保管しておきましょう。

よかったらシェアしてね!