MENU

副業で動画編集を始めたい!仕事内容とメリット・デメリット

副業で動画編集を始めたい!仕事内容とメリット・デメリット

YouTubeには音楽やお笑いなど色々な動画がアップされており、空いた時間は動画を見て過ごしているという人はとても多いです。中にはYouTubeに動画をあげて広告収入で稼いでいるという人も増えています。そんな中需要が高まっている副業が動画編集です。今回はそんな動画編集について特徴やメリット・デメリットなどを詳しくまとめていきたいと思います。動画を編集する技術をお持ちの方はぜひご覧ください。

動画編集ってどんな仕事?

動画編集とはその名の通り、ある素材を使ってYouTubeなどにアップする動画を作り上げる仕事です。YouTubeだけでなく企業や自治体がイベントなどで使う動画を依頼するケースもあります。ある程度知識が必要なので動画編集ができる人におすすめの副業ですが、自分で勉強して知識をつけることももちろん可能です。

パソコン1台あれば出来る仕事なので在宅での副業が可能です。仕事の依頼を受けるにはスキルシェアサービスやクラウドソーシングサービスなどを利用しましょう。

動画編集を副業にするメリットは?

副業は数え切れないほどの種類がありますよね。副業をしたいと思っていてもどれにしようか悩んでしまう人もいるかもしれません。そこで動画編集を副業にするメリットをまとめてみました。

需要が常にあり仕事を見つけやすい

最近はYouTubeに動画を投稿し、広告収入を得る副業が増えています。動画編集は自分ですることもできますが、難易度が高く、時間もかかることから編集は外注している人が多いです。そのため動画編集のサービスは常に需要があり、仕事も見つけやすくなっています。副業を始めていきなり稼ぐことも夢ではありません。

限られた人しかできない

動画編集にはある程度の知識が必要なので、誰でも参入できるというわけではありません。もちろん1から勉強することも可能ですが、そこまでして動画編集を副業にしようとする人も少ないでしょう。そのため仕事を見つけやすいというメリットがあります。色々な依頼に対応できるよう、副業として動画編集をするなら日々勉強して技術を高めておくのがおすすめです。

報酬が高い

動画編集は時間がかかる仕事です。トップYouTuberの方でも10分ほどの動画を出すために編集に数時間かけることもあるそうです。それだけ手間がかかる分、1件あたりの報酬は他の副業に比べると高めです。最初は編集に時間がかかるかもしれませんが慣れてきたら早くできるようになり、効率的に稼ぐこともできるでしょう。

動画編集を副業にするデメリットは?

需要があり、報酬も高く稼ぎやすい動画編集ですが、デメリットになる点もいくつかあります。副業としての動画編集についてもっと理解を深めるためにデメリットもぜひ知っておきましょう。

イメージを共有するのが難しい

依頼者は動画編集をお願いするに当たって「こう仕上げて欲しい」というイメージがあります。その通りに仕上げるのが動画編集の仕事ですが、そのイメージを両者で共有するのが難しいというデメリットがあります。言葉で説明してもらうことも可能ですが、それだけではイメージにぴったり合うものを作るのは難しいでしょう。動画編集を副業にするなら依頼者のイメージを汲み取る力が必要になってきます。

修正に時間がかかる

仕上げた作品が依頼人のイメージに合っていればいいのですが、そうでなかった場合、修正をしなくてはいけません。修正の度合いにもよりますが、少なからず時間がかかってしまうでしょう。出来るだけ作業効率を高めるためにも事前に動画の仕上げ方についてしっかり話し合っておくのがおすすめです。

動画編集の副業で稼ぐためのポイントは?

副業をするならやはりたくさん稼ぎたいですよね。そこで最後に動画編集の副業で稼ぐための方法をまとめてみました。

リピーターを増やす

動画投稿で副業をしている人は定期的に動画をアップします。そのため、常に動画編集が必要になります。そこで動画編集を定期的に依頼してくれるリピーターを増やすことを意識しましょう。リピーターになるかどうかは最初の仕事が重要になるので、初めて依頼を受けるときは特に丁寧に対応するようにしましょう。

早めに始める

現在はそこまで動画編集の仕事の競争率は高くありませんが、今後動画編集ができる人が増えていく可能性があります。そこで早めに動画編集の副業を始め、リピーターを増やし、実績を積んでおくようにしましょう。

まとめ

動画編集はYouTubeなどにあげる動画の編集を代行する副業です。編集作業には知識が必要なため、他の副業に比べると新規参入しにくくなっています。また、時間がかかる仕事なので報酬が高いというメリットがあります。現在は仕事の競争率が少ないものの、これからは小さい時からデジタル機器に触れている世代が増えてきますから、競争率が高くなることも予想されます。そこで興味がある場合は早めに副業を始めて実績を作っておきましょう。

よかったらシェアしてね!